カイゼン  改善事例編

カイゼン  改善事例編

スポンサーリンク

『箱詰め作業の改善事例』

~現状~

重い製品の箱詰め作業

問題点:腕が疲れる。

従来までの考え方:

1.初めは大変だがじき慣れる。

2.根性で頑張れ!

3.楽な仕事はないよ!

現状維持からは何もKanzenは生まれない。


 ~痛くない化~

問題点:腕が痛い。

何故、腕が痛い?

①筋力がない。・・・案:筋肉増強

②製品が重い・・・案:製品軽量化

③持ち上げる。・・・案:持ち上げない化

持ち上げない化

①箱の上から入れる為

②箱の高さを超える為。

 ~Kaizenのアプローチ①~

1.スライドさせ横から入れる

2.上から落とす

課題:やりにくい。

課題:落下による衝撃が心配

Kaizenの方法のアプローチは無限にあるが制約条件の中で最適なものを見つける


~Kaizenのアプローチ②~

1.斜めにしてスライドさせ入れる→即時対応でき、コストもかからず。

2.底にクッションを敷く→クッションのコストが掛かる。

制約条件の中で最適なものを見つける!!


 ~Kaizenのアプローチ③

『作業順序を変える』

箱を組みたて、それから荷物をいれるのではなく箱が平面時に製品を置いて組み立てる。

箱を平面のまま保存しておき製品を置いて組み立てたほうが『空箱』によけいなスペースがとられず合理的。

『ゴミ飛散・Kaizen事例』

切削作業でゴミが飛散しない工夫をし、後始末を合理化する。

作業の前に作業の段取りを考えてから実行する。


 『カップヌードルのKaizen事例』

問題点:カップ麺開発時に麺を挿入する工程にて麺の割れが多発。

カップを麺に入れる方式で麺の割れを無くす

 『視覚化・見える化』Kaizen事例

省エネKaizen事例①

人間は5感のうちで視覚が最も発達しており

情報の大半は視覚を通じて得ている。


 忘れ防止Kaizen事例②

人間は5感のうちで視覚が最も発達しており

情報の大半は視覚を通じて得ている。


 サービス業Kaizen事例③

人間は5感のうちで視覚が最も発達しており

情報の大半は視覚を通じて得ている。

サービス業Kaizen事例④

人間は5感のうちで視覚が最も発達しており

情報の大半は視覚を通じて得ている。


 工具管理のKaizen事例⑤

人間は5感のうちで視覚が最も発達しており

情報の大半は視覚を通じて得ている。

 ネジ緩みのKaizen事例⑥

人間は5感のうちで視覚が最も発達しており

情報の大半は視覚を通じて得ている。

 書類管理Kaizen事例⑦

人間は5感のうちで視覚が最も発達しており

情報の大半は視覚を通じて得ている。


slideshare ダウンロード資料(PDF)

パワーポイントで作成した資料です。

*工場のカイゼンについては下記の文献に色々な活動事例等が更に詳細に記載されています。

参考文献:

金をかけずにすぐできる!食品工場改善入門小杉直輝(著)
食品工場のトヨタ生産方式弘中泰雅(著)
続食品工場改善入門小杉直輝(著)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加