カイゼン  現状活用編

スポンサーリンク

情報化時代:

自分が欲しい知識を効率よく収集、吸収しアレンジする時代である。

既にほとんどのInnovationは開発された。公になっている。

後はその知識を如何にコーデットし活かすが重要である。

創造的選択

コンポーネント化

システム

マシン

情報

現状システムを活かしきる!!

 『学習と創造的選択』

創造的な、クリアビィテーな思考は既に紀元前から先人が考え出し尽している。

ソクラテス、プラトン、釈迦等の天才が創造したことは既に本に記されている。

現在の我々は先人が考えた思考を学び、選択する事ができる。

これからは我々は与えられた選択肢から選ぶだけで創造的な編集コーディネットする自由と義務がある。

子曰く、故きを温めて新しきを知る、以て師と為るべし

孔子

 『知識』を『知恵』に転換

・調べる ・聞く  ・現場・現物 ・選択 ・トライ ・評価

知識を現場の状況に適合できるよう知恵を出す

kaizen1

 『○○用』の改善の定石

機能・サービス・道具・器具をうまく使いこなす

『新しく何かを創るのが改善』と考えている思考の弊害、既存のものを選択し活用するのも改善である

改善のパーターンを学び、アレンジして選択するほうがより早く、合理的である。

 『機能活用の改善』

既にある機能を使用し改善を実施。

そのためにはどのような機能があるか事前に学習する必要があり

現状あるモノを使いこなす!


 『補助用具の活用』の改善

補助具:

①タイマー②スタンプ③磁石④鏡⑤クリップ⑥クリップ

補助用具を使用し仕事を楽にする!

 『補助具活用』の3段階

1.現状活用:

100円ショップ、ホームセンターで入手し即時、使用。

2.加工、改良:

市販品を現状に合わして加工し、使用。

3.創作、創造:

すでにあるものを組み合わせ、使用。

制約された条件の中でベターなものを選択、実施

『ひとりでできる化の改善』

自動車・修理工場にてランプの点検に運転席で操作する人と外で確認する人、合計2人で点検を実施していた。

人員の削減!



slideshare ダウンロード資料(PDF)

パワーポイントで作成した資料です。

*工場のカイゼンについては下記の文献に色々な活動事例等が更に詳細に記載されています。

参考文献:
・改善基礎講座―東澤 文二 (著)
・ 改善基礎講座 DVD教材
・改善リーダー養成講座―山田 日登志 (編集)
・改善応用講座 東澤文二 (著)
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加