材料管理 改善提案事例 ネタ

スポンサーリンク

材料管理 改善提案事例(Material Control)

先入れ、先出しの徹底

先入れ、先出しとは?

先に取得したものから順に払い出されると仮定して、棚卸資産の取得原価を払出原価と期末原価に配分する方法である。英語では、FIFO(First In, First Out)という。

基準を作成して掲示

事例:

1 material

方法:傾斜式材料コロコン使用

自動的に先入れ、先出しにすることができる。

2 material

材料倉庫MAPの作成

誰でもが探したい部品の場所が一目でわかることができるように材料MAPを作成。  又、材料毎の表示を右図のように写真入りで掲示し、判りやすく表示する。

3 material

材料棚MAPの作成

誰でもが探したい部品の場所が一目でわかることができるように材料棚MAPを作成。

4 materlal

先入れ先出しの励行の表示

5 material

部品保管管理の手順書を作成、掲示

6 material

製品、部品箱の高さを指定。

7 material

*工場のカイゼンについては下記の文献に色々な活動事例等が更に詳細に記載されています。
参考文献:
・改善基礎講座―東澤 文二 (著)
・ 改善基礎講座 DVD教材
・改善リーダー養成講座―山田 日登志 (編集)
・改善応用講座 東澤文二 (著)
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加