かんばん方式

スポンサーリンク

かんばん方式(看板方式)とは

ジャスト・インータイム生産のために、後工程引取り方式(プル方式ともいう)を実施しますが、このとき使用される管理の道具が「かんばん」です。
かんばん方式」とは、「かんばん」を使用し、生産情報を伝える伝達方式です。モノのつくリ方、流し方を体系化したトヨタ生産方式の代表的な生産管理の手法です。
従来の押し込み方式では、情報の流れが先行し、前工程でつくられたモノがどんどん後工程に押し込まれていきます。後工程引取リ方式では、かんばんとモノがほぼ同時に動きます。
 顧客に売れただけ組立工程が組み立て、組立が使用した分の部品を部品工程が加工するというように、順次前工程へ展開していきます。
この方式だと、モノの需要が発生してから、情報時間差なく流れるため、生産計画の変更にフレキシブルに対応でき、ムダを生じなくてすみます。
「かんばん」は下図のように、現品票、生産指示票、運搬指示票の3つの伝票のそれぞれの機能を果たしています。
また、「かんばん」の目的とするところは、品質の向上、作業改善、在庫の低減です。
「かんばん」を見て、顕在化した問題点を追いかけることで、目で見る管理が可能になります。
ところで、「かんばん」が多いということは、多くの生産指示が出ていることになり、在庫増につながっていく可能性があります。したがって、「かんばん」を減らす努力をすることで在庫の低減が可能になり、つくりすぎのムダをおさえることができるのです。

かんばん方式とは

カンバンの種類

かんばんは大別すると、工程内で作業を指示するために用いる「生産指示かんばん」と部品をラインに引き取るために用いる「引取リかんばん」の2種類があります。

生産指示かんばん

仕掛けかんばん、生産かんばんとも呼ばれます。

工程内かんばん

前工程が生産しなければならない部品の種類と数量を指示します。専用ラインのように、段取時間がほとんど発生しない工程への作業指示に用います。

信号かんばん

1つのラインで多品種のモノを加工するとき、段取時間が発生します。ある程度のロット生産を可能にする仕掛けに用います。

引取りかんばん

運搬かんばんとも呼ばれます。

外注部品の納入かんばん

納入かんばんとも呼ばれます。前工程が外注メーカーで、外注メーカーからの引取リ部品等に用いられます。

工程間の引取りかんばん

引取りかんばんとも呼ばれます。組立ラインの部品を引き取るために工程間引取りに用います。

カンバンの種類

カンバン 運用を可能にする条件

かんばん」は、モノのつくり方、流し方の生産情報を伝える便利な道具です。しかし道具は使い方次第で、有益にも害にもなることに注意が必要です。
そこで、かんばん方式は、生産現場で種々の改善がなされ、ある程度の生産レベル、体質ができたときに可能になる方式と理解されたほうがよいでしょう。

生産の平準化(種類と生産量の平準化)のなされていない企業で導入すると、従業員はてんてこ舞いになることもあるからです。そうならないためには、かんばん運用にあたっての前提条件を左図に整理しましたので、参考にしてください。
なお、かんばん運用ルールは次のようになります。

後工程が引き取る

「かんばん」は進みすぎや、停滞した場合、どこかに問題が発生したことになります。問題を未然に防ぐにために、かんばん引取りの以下の3つのルールを守ります。
①かんばんなしに、引き取ってはならない。
 ②かんばん枚数以上に、引き取つてはならない。
 ③かんばんは、必ず現品につけなければならない。

後工程が引き取つた数量だけ生産する

各工程の在庫を最少にします。かんばんによる生産には、以下の2つのルールがあります。

①かんばんの枚数以上、生産してはならない。
②かんばんの来た順序で、生産する。

かんばん方式を成功させるには、企業体質に合ったレベルから行い、ルールを決め、決めたら徹底して守る努力をしなくてはなりません。

カンバン 運用を可能にする条件

動画 かんばんの基本知識 ~トヨタ生産方式

トヨタ生産方式のかんばん生産のポイントを紹介!

*工場のカンバン方式については下記の文献に色々な活動事例等が更に詳細に記載されています。

参考文献:

・日本のモノづくり トヨタ生産方式の基本としくみ 佃 律志 (著)

・すぐに使えるトヨタ生産方式 導入・実践ノウハウ集 (工場改善シリーズ) 竹内 鉦造 (著)

・すぐに使える現場改善 実践手法&フォーマット集 杉浦 正邦 (著)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加