アフターパーツ

サービスパーツ

顧客に納入した製品の補修用部品である。一般に、ある製品の一部分が壊れた場合、その製品の修理には壊れた部分の部品だけでなく、その部品を製品に取付けるための部品も必要になることが多い。このようなものをサービス部品として供給する場合は、壊れた部品とそれを取付ける部品をペアにして供給する必要がある。たとえば、蛇口をサービス部品として供給する場合、通常はパッキンも付加して供給する。

サービスパーツは上手く在庫管理が出来ていない会社が多い分野です。
企業には、基幹システム(ERP)が導入されており、当然、製品在庫も保守部品も在庫の管理対象となっています。
しかし、基幹システムは会計処理を進める為に在庫を把握しているものであり、日常の業務支援を考慮している訳ではありません。

成功事例では、現場オペレーションを考慮したサブシステムを導入し、効率的に保守部品を管理しています。
ERPや基幹システムには、棚卸など会計処理に必要なタイミングに、サブシステムの在庫データ反映させるのです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

17 − three =