工程 | ライン 

ライン工程

工程は、工場での生産活動において、部品投入から最終的な製品として完成するまでの作業段階を細分化した、その各々および全体のこと。

又は別な表現で言えば同じような機能や能力をもっている機械設備や人の集まりを指す。一般に作業指示の対象となり、これを受けて職長や差立係の判断で、その作業を、誰がどの機械設備で行うかを割付ける。

工程の種類には、大別して、加工、検査、運搬、停滞の4つがある。
●加工:切削や組立、分解など。
●検査:良品、不良品の判定を行う工程。
●運搬:工程間の移動。
●停滞:保管や工程待ち。
また、工程の編成には、ジョブショップ(機能別配置)、GTショップ(ジョブフロー)、フローショップ(製品別配置)、ラインがあり、工程の呼び名としては、前工程、後工程、重要工程、代替工程、初工程、最終工程などがある。生産管理の情報システム面において”工程”といった場合、加工や検査など現場の工程に固有な情報をまとめたマスターを指す。工程のデータ内容には、工程番号、工程名称、標準能力、最大能力などがある。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × 5 =