巡回検査 |工程巡回パトロール

工程巡回

検査場所により分類される検査方法の1つで、検査員が適時、製造現場を巡回して品目を検査する方法をいう。したがって、一定の検査工程は設けられない。これは、検査場所への品目の移動が不要となり、製造リードタイムの短縮につながる。

巡回検査の役割は、「主に目で見てわかる不安全要素について、現場に存在する顕在化した、
或いは潜在化している災害の芽をチェックリストを用いて確認し、探し、潰すこと」である。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seven + twelve =