少人化

少人化

必要生産数に応じて、生産性を落とすことなく、何人ででも生産できるラインを作りあげることを少人化という。

顧客(市場)の要求(変化)に応じてもっとも少ない人(人件費)で効率的に生産することが可能である。人員の増減を容易にし、多品種少量の”フレキシブル生産”を実現するための仕組みで、JIT生産方式の機能の1つでもある。具体的には次のような仕組みが必要不可欠である。

●流れ生産・1個流し
●多工程持ち・多能工・立ち作業・助け合い作業
●ライン化・人集め・人離し
●標準化
●非定員制
いい換えれば、「ムダを省いて、もっとも少ない人で対応する」ことで、顧客の要求量をこなすための最少人員を意味する。
又、生産の増減があっても、それに比例して作業者数が増減できず、常に、作業者が一定数必要なラインを定員制ラインという。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × 3 =