多品種少量生産

多品種少量生産
多品種少量生産

生産をその種類と生産量で捉えた場合、多品種少量生産とは、かなり多くの品種をもち、1品種当りの生産数量が少ない生産方式であり工場における生産様式の一つ,同一の工場において類似性の低い製品を多品種にしかも1品目あたりは少量生産するものをいう。

実際的に、受注型でかつ個別生産を行う場合は多品種少量生産になることが多い。

従来の少品種大量生産向けの生産システムに代って,近年の市場の変化,ニーズの多様化に柔軟に対応するために,多品種少量生産向けの生産システムの必要性が高まってきている。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × one =