目で見る管理

目で見る管理
目で見る管理

管理・監督者が、生産活動の状態が正常か異常かを目で見て即時に判断できる現場管理の形態をいう。

誰が見てもひと目でわかる管理を目的とし、「管理の標準化」ともいい換えられる。計数による机上の管理はともすれば管理者だけがわかるものになりがちで、問題が潜在化し改革の糸口が見えにくい。

そこで生産活動における物の流し方、情報の流し方、作業のやり方、管理の仕方等すべてについて、正常と異常の状態区分を明確にし、問題が発生した場合”すぐに誰でも”認識できる、つまり問題を顕在化する仕組みを作る。これが「目で見る管理」で次のようなものがある。

①赤札 ⑥かんばん
②看板 ⑦生産管理板
③白線表示 ⑧標準作業票
④赤ライン ⑨さらし首
⑤アンドン ⑩ミス防止板

関連記事:目で見る管理

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × five =