ライン生産方式 | ライン化

ライン工程

ライン生産方式(ラインせいさんほうしき)とは、ある期間において、単一の製品を大量に製造するための方法。大量生産を行う工場で製品の組み立て工程、作業員の配置を一連化(ライン化)させ、ベルトコンベアなどにより流れてくる機械に部品の取り付けや小加工を行う作業である。

いわゆる流れ作業。またライン作業とも呼ばれる。別名で、量産方式ともいう。

1個造りの流れ生産を実現するための条件である。運搬や造り過ぎのムダを省くためには機械設備は”小型で安価な専用機”が望ましい。形式としてはU字ライン、S字ライン、コの字ライン、ニの字ライン等がある。

いずれも作業者の動作が最小となるレイアウトで、ワークの投入口と取り出し口を一致させることも重要。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nineteen − thirteen =