TPM

TPM
TPM

Total Productive Maintenance の略称で、PM(予防保全)から発展し、CM(改良保全)、MP(保全予防)を含めたトータル的な生産保全を意味する。徹底した故障ゼロ・設備管理、コストの低減と生産性向上を総合的に実現するには、全員参加によるTPMが必要である。これを目標に、各部門・各職制においては小集団活動をベースにした自主保全・自主改革を推進する。

関連記事:TPM概論

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × 1 =