5S推進体制 

5S推進体制

5Sの導入はまずその推進体制を整えることから始まる。5Sを推進するための組織づくりを意味し、トップ自らがその推進委員長となり、全社的に進めることが不可欠。また、5Sはあくまで各職場の業務改革の基礎づくりであるから、「職制に基づく」体制を築くことが重要である。

次に具体的に5Sを徹底して実践するために組織化される「5Sスタッフ」とも呼ばれる担当者を決める。5S推進体制の体系によって、その職制や機能も異なるが、基本的には5Sを通した現場教育、躾づくり、5S標準化、5S技術指導、5S道具づくり等の業務を行う。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seventeen + eleven =