能率

人の効率化阻害の5大ロスの構造と総合効率の関係
人の効率化阻害の5大ロスの構造と総合効率の関係

一定時間内にできる仕事の割合。仕事のはかどり方であり、生産工程の生産性を評価するものさし。

下記の式で一般には表せる。

能率=(生産実績(良品)/人員X稼働時間(工数))X(100/基準となる1人時間当り出来高)
しかしこの一般式には、運用の仕方によっては問題があり分子の生産実績は
生産数=販売数 でなければならない。販売につながらない製品を生産し能率をあげても、それは見かけの能率を上げることになり実質的な原価低減に結びつかない。

関連記事:TPM 生産効率の考え方 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twenty − 14 =