標準作業

作業標準書
作業標準書

規則正しく造ることを意味する。製造現場では、生産計画を遂行するために、次にあげる5つのMの要素が働いている。人(Man)・物(Material)・機械(Machine)を有効に組み合わせ、作業のやり方(Method)を決め、もっとも経済的(Money)に生産を行うことが要求される。
つまり、標準作業とはこの要求を満たし”よい物を、一定コストで、確実に造る”ことを実現するための手段といえる。

トヨタ生産方式では人の動きを中心として、ムダのない順序で、効率的な生産をするやり方を、標準作業といいタクトタイム・作業順序・標準手持ち3要素からなる。

関連記事:作業標準書

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × four =