安全リードタイム

安全在庫

各種リードタイムに対して、その変動する誤差を考慮して、安全分として設定するリードタイムのことである。一般には、内作品に対して、その製造の遅れを吸収するために製造リードタイムに付加される。また、購買品や外注品に対しては、業者の納期遅れの影響を最小にするために購買リードタイム、外注リードタイムに付加されて使われる。さらに、在庫の面からは、安全在庫の代わりとして用いられることもある。

*安全在庫とは、内外を問わず不測の要因により購買量や販売量が変動することを見越して欠品を防ぐために必要とされる在庫の水準のこと。
正確には、安全在庫は許容できるリスク水準を設定した上で統計的なバラツキ(標準偏差)を用いて計算される。
計算式: 安全在庫 = 安全在庫係数 × 在庫使用量の標準偏差(バラツキ) × (在庫調達リードタイム(日数) )^1/2
安全在庫係数とはリスク許容度を示す係数で、欠品のリスクを1%の確率とするときには2.33、5%のときには1.65、10%のときには1.29となる。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

10 − three =