一個流し生産

一個流し生産

工程順に1個又は1台ずつ加工、組付けをし1個ずつ次工程に流すやり方をいう。

一個流しの原点は、T型フォードの製造のために、コンベアを使用したことが原点である。 トヨタ自動車では、これを基に発展させ、現在の一個流しを完成させた。一個流しは、部品の生産から組立に至るまで、お客様が必要とする単位である「一個づつ」流す生産方式である。1個流しと比較される、ロット生産方式と比べ、下記の点で有利である。

まず、圧倒的にリードタイムが短いことである。ロット生産の場合は、1つの工程が終わるまで、次の工程は待たなければならない「工程待ち」が発生する。また、運搬でも、ロットの最初の製品は、ロットがすべてを完了するまで、ロット待ちをしなければいけない。このように、次から次へと待ちが累積する。一個流しの場合は、一個づつ順番に生産するため、このような工程待ち、運搬待ちが発生しない。

次に、仕事の流れが見えるため、どの工程で問題が発生したかが、すぐにわかることである。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

12 + 10 =