内段取り

段取り

内段取りとは、段取り替えを大きく内段取りと外段取りの2つに分けた場合の1つである。これは機械設備を止めなければ、できない段取りをいい、その作業を内段取り作業、その作業に費やす時間を内段取り時間という。
一般に「段取り時間」とか「段取り作業」といった場合、この内段取り時間や作業を指すことが多い。

具体的には段取り替え作業のうち、ラインや機械設備の運転を止めなければできない型・刃具、そして治具類の交換などの作業をいう。

内段取りを外段取り化にするだけでラインの稼働率を大幅にアップすることが可能である。

・内段取り→→→→外段取り移管

・プリセット化(事前組み立て、セットで交換)

・治具の共通化と切り替えワンタッチ化

・調整の外段取り移管

・仲介治具の採用・・・芯だし調整の排除

・内段取りの方法検討と時間短縮

・固定方法の検討    ネジ固定→油圧固定

・平行作業の実施    1人→2人作業    時間短縮

・調整の排除

・調整の目的    ①位置決め    ②芯出し    ③寸法だし    ④タイミング    ⑤バランス

・調整の原因    ①誤差累積    ②標準化不足    ③剛性不足

・調整の分析と一発良品取りの検討

関連記事: 段取りの改善

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seven + five =