工程別能力表

工程別能力表

部品を各工程で加工する時、各工程の生産能力を表すもので、手作業時間、機械の自動送り時間及び刃具交換時間などを記入し、工程の能力を算出するための表である。

簡単に言うと機械別の標準工数のこと。

1.目的

各工程の「機械・設備」の「生産能力」を明らかにする。

「ボトルネック工程」を明確化。

「工程別能力表」で、作業時間の短縮、機械・設備の動作改善による生産能力の増強に必要な手当てや調整をおこなう。

2.項目例

工程名称 機械番号 機械名称 基本時間 手作業時間 ワーク脱着等 治工具の交換

交換個数 交換時間 加工能力 加工能力

時間当たりの加工能力数 加工能力(1日) 1日当たりの加工能力数

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one + 17 =