混流ライン | ミックス生産

混流ライン

多品種少量を混ぜて流す組立ラインのことをいう。

混流生産では、少量生産に大量生産のコストダウン効果を織り込むことを狙う。生産量が少なく、似たような作り方をする製品を集め、大量生産の効果が得られる生産量を確保する。この事を、多品種少量生産と表現される。

平準化の一環ではあるが、部品の供給と各作業者の作業量をたえず一定にすることが最大のポイント。こうしたラインバランスを保つためには、設計面での標準化やG/T化、納入面での序列混載納入が必要である。ほかに、ラインの形態としては、助け合い作業による「バトンタッチ方式」や「バイパス方式」等がある。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eight − seven =