三元主義

三元主義

3現とは”現場・現実・現物”のことをいう。
物造りはすべて、この3現から発想・展開させる。まず現場に立ち、正常もしくは異常か現実の状態を知り、異常の原因となる現物を確認する。つまり、現場は工場の体質を映し出す鏡であり、改革の糸口を見つける、JIT改革の行動の原点でもある。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × 5 =