ジャストインタイム | JIT Just In Time

JIT

ジャスト イン タイムとはJust In Timeであり略してJIT(ジット)などと呼ばれる。これは「必要な物を、必要な時に、必要なだけ生産・供給する」ことをいい、物が“ちょうど間に合う”ことを意味する。
しかし、これは一般にわかりやすいジャスト イン タイムの定義で、真の意味は「徹底したムダ取りの思想と技術」である。

トヨタ生産方式の2本の柱の1つであり、変化に対応し、経営効率を高めるために、必要なものを必要な時に、必要な量だけ生産したり運搬したりする仕組みとその考え方をいう。

平準化を前提とし、「後工程引き取り」「工程の流れ化」必要数でタクトを決める」3つの基本原則としている。

スポンサーリンク

TOYOTA 生産方式:

、トヨタ自動車の生み出した、工場における生産活動の運用方式の一つ。現在では多くの企業がこれになった方式を取り入れており、工場等の製造現場やそれに付随するスタッフ部門、企業によっては間接部門でも取り入れられている。

TPS:トヨタ生産方式(Toyota Production System)の略

トヨタ生産方式の歴史と理念

豊田佐吉(豊田自働機織機・考 1924年 ・「無停止杼替式豊田自動織機(G型)」完成

『にんべんのついた自動化』

“自働化とは止めることなり”

機械に異常が生じた際に自動的に停止させる装置を取り付け

機械、ラインを止め、その原因を徹底的に究明してから機械を動かす。

豊田喜一朗(トヨタ自動車創業 1936年 ・AA型乗用車(A1型乗用車の量産型)の生産開始

『JUST IN TIME』

“必要なものを、必要なときに、必要なだけ!”

大野耐一(元トヨタ自動車副社長  1942年 ・トヨタ生産方式の導入

『トヨタ生産方式』

“徹底したムダの排除”

関連記事:トヨタ 生産方式

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

15 − 8 =