清潔 

清潔

5S活動においては、整理・整頓・清掃の3つの活動(3S)によってできあがった正常な状態を維持する活動とされている。そのため、清潔に具体的な活動はないと言われる場合もある。 しかし、一旦、整理・整頓・清掃を行っても、乱れやすい箇所、汚れやすい箇所、や清掃がしづらい箇所が存在する。そのため、これらの箇所に対策を施したり、管理基準を改めてやり直したりといった活動が必要となり、その問題解決活動が清潔の段階の活動と言われている。

5S-5段階の4番目にあたる。それまでの3Sである整理・整頓、清掃とは異なる面がある。それまでの3Sは、すべて「~する」という“動作”の状態を表したものであるが、清潔はあくまでも、“ある時点”とか、“結果”を表している言葉である。どのような結果の状態を表現する言葉かというと、次のように定義できる。
清潔は、整理・整頓とも関係するが、とくに清掃とは大変強く絡んでいる。機械の回りや設備が、油やゴミで汚れないように掃除することが清掃であり、この清い状態を長く保つことが清潔となる。また、より進んだ清潔では、汚れたから清掃をして清潔さを保つから、“汚れない仕組みのある清潔”へ改革・改善し、より強い5Sにすべきである。
清潔とは、換言すれば、「整理・整頓・清掃の3Sを維持する」ことともいえる。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fifteen + twelve =