動作のムダ

動作のムダ

動作のムダとは、直接的に価値を付加しない人や設備の動きに関係する無駄のこと、例えば、工具を置き間違えたために、作業者が工具を探すのに費やした時間などです。

付加価値を生まない動き、不必要な動きは、すべて直接付加価値を生む”働き”にはならず、動作の無駄として扱う。

動作のムダは、①人員や工数の増加、②技能の隠ぺい化、③作業の不安定性、④不要の動作、となるが、原因としては、離れ小島作業、職人気質の蔓延、レイアウトのまずさ、教育や訓練不足があげられる。

対策としては、①流れ生産への組み込み、②U字型設備配置化、③「表準作業」の標準作業化、④「動作経済の原則」の徹底。

関連記事:トヨタ生産方式ームダの排除

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nine + twelve =