命線 | 区画線

区画線

工場のスペースを通路と作業区に分ける際、まず安全性を考慮しなければならない。とくに重工業では重要な事項である。ゆえにその区画線は、事故から命を守る役割を果たし、”命線”とも呼ばれる。そのため区画線は直線ではっきりと目立つように引かれる。「命線は踏まない、横切らない運動」の安全指導も必要である。

色については、通路や区画線は暗くなってもハッキリして、かつ浮かび上がるような色がよい。そこで、①作業区…グリーン、②通路…オレンジ(蛍光色)、③区画線…イエローとするとよい。
また、区画線の幅は5~10cmとする。一般には7cmがよく使われる。

作業台の定置管理および通路の表示

作業台の定置管理及び通路の表示を実施。

20 area control

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seventeen + 16 =