サイクルタイム

サイクルタイム

作業者一人が、受け持ち工程を決められた作業順序で作業して一巡するのに要する時間をいう。

サイクルタイムはC/Tと略され、品物1つを何分何秒で造れるか、1回の作業サイクルの時間をいう。
多くの場合、サイクルタイム(C/T)はタクトタイム(T/T)と比較され、C/T>T/Tでは欠品を、C/T<T/Tでは在庫になることを意味し、C/T=T/Tの姿になるよう改革がなされる。

サイクルタイム cycle time

作業を行うのに必要な正味の時間。つまり損失(余裕)を考えない場合の作業時間。標準工数構成する最も重要な時間で普通正味の主作業時間と付随作業時間の和で表せられる。

引用:日本規格協会 QM用語

関連記事:サイクルタイム

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

13 + nineteen =