多能工化

多能工
多能工

多種の機械設備の操作や多種の作業、担当範囲外の作業もできるように作業者を訓練をすることをいう。生産量の変更に対しタクトタイムを毎月変え、その新しいタクトに合わせて作業範囲を変えることも即時、対応できるようになる。

そして多能工化され教育を受けた異なる多工程の仕事が作業者(多工程持ち)能力をもった作業工という。流れ生産において、作業者の多能工化はJIT改革の条件の1つでもある。

多能工化実践のポイントとして次のことがあげられる。

①徹底した機械の標準化を図り、誰もが同じように操作できる機械にする。
②作業のやり方を徹底して標準化し、特殊作業、例外作業をなくす。
③多能工化を全社的に推進する。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

7 + 10 =