ニンベンのついた自働化

TOYOTA生産方式
TOYOTA生産方式

「ジドウカ」には「自動化」と「自働化」の2とおりがある。前者は”自ら動く”こと、単純に作業を”機械化”することを意味する。この場合、不良が出ても機械には判断できず人の閑視(Looking)を必要とする。つまり人件費と設備費の二重のコストがかかってしまうことになる。後者は”自ら働く”こと、不良のチェックができる働く機械を意味する。つまり、「ニンベンのついた自働化」は3つの機能がある。

①人離し…加工運動のすべてを機械に任せる。人と機械を離す→人件費カット
②不良の出ない仕組み…人がいなくても機械だけで付加価値がつけられる→働く機械
③もう1つの自働化…加工部門の自働化を組立部門やラインにまで応用する。

関連記事:トヨタ生産方式

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eight + 8 =