負荷調整 | やま崩し

山崩し
山崩し

工程単位に積まれた期間別の負荷を平準化するために調整することで、通称、山崩(やまくずし)ともいわれている。

これは製造計画の能力所要量計画(CRP:Capacity Requirements Planning)の中に位置付けられ、工程展開、負荷山積の後に続く機能である。

「山崩し」とは、「生産能力」に合わせた「日程計画(生産計画)」を作成することです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × 3 =